第6課

この課の主な取扱い野菜は下記になります。
筍(主に国産)、水煮加工品、なにわの伝統野菜(毛馬胡瓜、玉造黒門越瓜、鳥飼茄子、勝間南瓜)

  1. ご紹介

第6課が扱うのは主に国産の筍です。

第6課 担当:西植 悟

お客様の国産へのニーズは高いです。また、国産の筍を主流に、水煮加工品も扱います。水煮加工品は、すばやく料理したいという場合など、お客様にとって利便性の高い商品です。第6課では、他の課が扱っていない高級野菜や希少性の高い野菜、たとえば、京野菜、なにわの伝統野菜などを扱っています。

お客様に安心・安全な野菜を提供するために、どこの産地の野菜で、どこの加工場で作っているのかなど野菜の管理を重視しています。農協とタイアップし、産地から加工、販売までを一貫して管理できる仕組みに努めています。取り扱う商品については、お客様には安心してお勧めできます。
丹栄との出会いは古く、実は、日笠社長とは中央卸売市場に入ったときが同じで、いわゆる同期でした。当初から知り合いでしたので、ずっと親しい付き合いをしてきました。以来、「いつか一緒に仕事しよう」と言っていたのが、今回、現実になりました。
この仕事の魅力は、やはりお客様との対話できることです。お客様とのキャッチボールが大切だと思っています。お互いに商売なので自分の利益を考えますが、その向こう側には相手の利益も考えるという、売り手と買い手の信頼関係が根底にあります。自分が自信を持って勧める商品がお客様の手元へ渡っていく、お客様が喜んで買ってくれる。その一連の流れはやりがいでもあり、喜びとなっています。
誠心誠意お付き合いしていくことが大切。日々お客様に教えられています。そこから常に勉強させてもらっています。



その他の課をみる

第1課 、 第2課 、 第3課 、 第4課 、 第5課 、 第6課 、 第7課 、 第8課・9課

PAGE TOP